満州国の首都計画

越澤明 著

20世紀前半、日本の統治下にあった満州、朝鮮、台湾の主要都市では、いずれも計画的な街づくりが実施された。中でも、満州国の首都、新京=長春では、先進的な都市計画の理念と社会資本整備の技術が全面的に適用された。豊かな緑とオープンスペース、公園的な並木道、人工湖など、日本国内では実現していない、美観とゆとりを重視した理想的な都市計画が出現した。今日、長春は中国有数の「森の都」となっている。1945年当時、進駐した米国ウェデマイヤー将軍が「傑作」と激賞した都市計画が、なぜ、東京では実現してこなかったのか。戦後半世紀にわたって封印されてきた壮大なスケールの都市計画の全容がいま甦る。土木学会賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 新京と近代日本都市計画
  • 1章 前史-長春の起源
  • 2章 満鉄の都市経営と市街計画
  • 3章 長春の市街地と都市成長
  • 4章 満州国の首都計画
  • 5章 国都建設計画事業一九三三‐三七年
  • 6章 国都建設第二期事業と末期の百万都市計画
  • 7章 新京の建築様式と建築の政治的表現
  • 終章 新京と東京

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 満州国の首都計画
著作者等 越沢 明
書名ヨミ マンシュウコク ノ シュト ケイカク
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2002.7
ページ数 394p
大きさ 15cm
ISBN 4480087079
NCID BA57667760
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20316001
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想