エロスの涙

ジョルジュ・バタイユ 著 ; 森本和夫 訳

「私が書いたもののなかで最も良い本であると同時に最も親しみやすい本」と自ら述べた奇才バタイユの最後の著書。人間にとってエロティシズムの誕生は死の意識と不可分に結びついている。この極めて人間的なエロティシズムの本質とは、禁止を侵犯することなのだ。人間存在の根底にあるエロティシズムは、また、われわれの文明社会の基礎をも支えている。透徹した目で選びぬかれた二百数十点の図版で構成された本書は、バタイユ「エロティシズム論」の集大成。本国フランスでは発禁処分にされたが、本文庫版では原著を復元した。新訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 始まり-エロスの誕生(死の意識
  • 労働と遊び)
  • 第2部 終わり-古代から現代へ(ディオニュソスあるいは古代
  • キリスト教の時代
  • 結論に代えて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エロスの涙
著作者等 Bataille, Georges
森本 和夫
バタイユ ジョルジュ
書名ヨミ エロス ノ ナミダ
書名別名 Les larmes d'eros

Erosu no namida
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2001.4
ページ数 351p
大きさ 15cm
ISBN 4480086285
NCID BA51644900
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20181856
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想