限界芸術論

鶴見俊輔 [著]

芸術と生活の境界に位置する広大な領域、専門的芸術家によるのでなく、非専門的芸術家によって作られ大衆によって享受される芸術、それが「限界芸術」である。五千年前のアルタミラの壁画以来、落書き、民謡、盆栽、花火、都々逸にいたるまで、暮らしを舞台に人々の心にわき上がり、ほとばしり、形を変えてきた限界芸術とは何か。その先達である柳宗悦、宮沢賢治、柳田国男らの仕事をたどり、実践例として黒岩涙香の生涯や三遊亭円朝の身振りなどを論じた、戦後日本を代表する文化論。表題作『限界芸術』に加え、芸術の領域での著者の業績がこの一冊に。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 芸術の発展
  • 大衆芸術論
  • 黒岩涙香
  • 新聞小説論-高木健夫『新聞小説史稿』を読んで
  • 円朝における身ぶりと象徴
  • 『鞍馬天狗』の進化
  • まげもののぞき眼鏡
  • 冗談音楽の流れ
  • 一つの日本映画論-「振袖狂女」について
  • 現代の歌い手
  • 国民文化論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 限界芸術論
著作者等 鶴見 俊輔
書名ヨミ ゲンカイ ゲイジュツロン
書名別名 Genkai geijutsuron
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1999.11
ページ数 462p
大きさ 15cm
ISBN 4480085254
NCID BA44093512
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20024310
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想