排除の構造

今村仁司 著

われわれの希望は、暴力なき社会の実現である。では、なぜ社会の生成過程には排除という暴力的な作用が出現するのか。秩序の生成と暴力をめぐる根源的な問いを、文化人類学の成果やマルクスの価値形態論などと関連づけながら、第三項排除効果論として精緻に分析し、展開した暴力的理性批判の書。生産主義的理性批判への出発点となった、現代日本を代表する思想家の記念碑的論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 荒ぶる力
  • 第1部 理性と暴力(暴力の本性
  • 理性と暴力
  • 全体化に抗する理性
  • 批判の原理としての第3項)
  • 第2部 排除の構造(第3項排除効果
  • 排除の構造)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 排除の構造
著作者等 今村 仁司
書名ヨミ ハイジョ ノ コウゾウ
書名別名 Haijo no kozo
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1992.10
ページ数 282p
大きさ 15cm
ISBN 448008021X
NCID BN08152223
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93007926
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想