異人論序説

赤坂憲雄 著

内部 外部、秩序 混沌、清浄 不浄、自己 他者などの無限に反復される二元論のうえにたえまなく分泌されるもの。境界をつかさどる聖なる司祭-<異人>。この、内と外とが交わるあわいに生ずる豊饒なる物語を、さまざまなテクストを横断しつつ明快に解き明かす、危険な魅力にみちた論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 <異人>-漂泊と定住のはざまに
  • 第1章 <異人>の考古学(境界・無縁・コムニタス
  • 市・交通・異界
  • ほかいびと・まれびと・やまびと
  • 聖痕・不具・逸脱)
  • 第2章 <異人>の系譜学(王権・供犠・刑罰
  • 天皇・賎民・職人
  • 亡命・遊行・芸能)
  • 第3章 <異人>の現象学(われら・かれら・バルバロス
  • 周縁人・境界人・通過儀礼
  • 内なる他者・無意識・狂気)
  • 終章 さらに、物語のかなたへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 異人論序説
著作者等 赤坂 憲雄
書名ヨミ イジンロン ジョセツ
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 1992.8
ページ数 335, 22p
大きさ 15cm
ISBN 4480080155
NCID BN0792628X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93000244
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想