告発の正義

郷原信郎 著

告発によって企業不祥事や談合が発覚、または政治汚職や脱税などが明らかにされ、捜査がはじまることが増えてきた。告発をしやすくするための法的・制度的な環境も整備されつつある。けれど起訴するかしないかの判断は、従来、検察が独占するものだった。そのため「検察の正義」と「告発の正義」は、たびたび衝突・対立を繰り返してきたし、現在でも相克は続いている。本書は、告発とは何であるかをさまざまな事件や法的観点から腑分け。その問題点から可能性まで、考えるべき論点を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「社会的事象としての告発」をめぐる構図(「告発」をめぐる状況変化と「ホイッスルブローワー」
  • 雪印食品牛肉偽装事件におけるホイッスルブローワー ほか)
  • 第2章 「法律上の告発」の諸相(刑事訴訟法における告発に関する規定
  • 「告発の正義」と「検察の正義」 ほか)
  • 第3章 「告発の正義」と「検察の正義」-対立の系譜(石油カルテル事件と検事総長の批判
  • 「検察の正義」が公取委「告発の正義」に完全敗北 ほか)
  • 第4章 激変する「告発の正義」と「検察の正義」の関係(小沢公判で表面化した検審起訴議決への誘導
  • 「検察の正義」さえ覆そうとする画策 ほか)
  • 第5章 美濃加茂市長事件における「告発の正義」(岐阜県美濃加茂市長の「事件」
  • 現金授受を全面否認する市長に有力な裏付け ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 告発の正義
著作者等 郷原 信郎
書名ヨミ コクハツ ノ セイギ
シリーズ名 ちくま新書 1142
出版元 筑摩書房
刊行年月 2015.9
ページ数 212p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06847-7
NCID BB19434652
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22650562
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想