駅をデザインする

赤瀬達三 著

駅の出口の案内は黄色。東京の地下鉄の案内表示は各ラインカラーの「○」-こうした日本の駅のデザインを決めてきたサイン設計の第一人者が、駅のデザインを、自身の手がけた豊富な実例をもとに語り尽くす。案内表示に求められるものとは何か、そのデザイン思想とはいかなるものか、一九七〇年代に始まった日本の空間・サイン整備の歴史をたどりつつ論じ、現在の日本と海外の駅とを比較。混迷を深める日本の公共空間を批判的に検討し、利用者本位の、交通システムのあるべき姿を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 駅デザインとは何か
  • 第2章 案内サイン
  • 第3章 空間構成
  • 第4章 海外の駅デザイン
  • 第5章 日本の駅デザイン
  • 第6章 これからの駅デザイン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 駅をデザインする
著作者等 赤瀬 達三
書名ヨミ エキ オ デザイン スル
シリーズ名 カラー新書 1112
ちくま新書 1112
出版元 筑摩書房
刊行年月 2015.2
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06816-3
NCID BB17934632
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22555391
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想