萌える男

本田透 著

いまや、数千億円ともいわれる「オタク」市場。経済界も一般メディアも、もはや無視できない存在となった「萌え」の世界。ではなぜ、オタク男たちは二次元のキャラクターに「萌え」るのか。そもそも「萌える」という行為にはどういう意味があるのか。「萌える」男に純愛を求める者が多いのはなぜなのか。こうした疑問に、現代社会論とジェンダー論、そして実存の観点から答える、本邦初の明快な解説書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 萌える男は正しい
  • 第2章 萌えの起源-現実世界における恋愛の限界と恋愛資本主義
  • 第3章 萌えの心理的機能
  • 第4章 萌えの社会的機能
  • 第5章 萌えの目指す地平-家族の復権
  • 第6章 萌えない社会の結末-家族の解体

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 萌える男
著作者等 本田 透
書名ヨミ モエル オトコ
書名別名 Moeru otoko
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2005.11
ページ数 218p
大きさ 18cm
ISBN 4480062718
NCID BA74143890
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20987680
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想