ニーチェ入門

竹田青嗣 著

ルサンチマンの泥沼のなかで「神」や「超越的な真理」に逃避するのか、あるいは「永遠回帰」という「聖なる虚言」に賭け、自らの生を大いに肯定するのか?二十世紀思想最大の震源地ニーチェの核心を果敢につかみ、その可能性を来世紀に向けて大胆に提示する、危険なほどに刺激的な入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 はじめのニーチェ(生涯
  • ショーペンハウアーとワーグナー
  • 『悲劇の誕生』について
  • 『反時代的考察』について)
  • 第2章 批判する獅子(キリスト教批判-『道徳の系譜』について
  • 「道徳」とルサンチマン
  • 「真理」について
  • ヨーロッパのニヒリズム)
  • 第3章 価値の顛倒(「超人」の思想
  • 「永遠回帰」の思想)
  • 第4章 「力」の思想(徹底的認識論としての(認識論の破壊としての)「力への意志」
  • 生理学としての「力への意志」
  • 「価値」の根本理論としての「力への意志」
  • 実存の規範としての「力への意志」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニーチェ入門
著作者等 竹田 青嗣
書名ヨミ ニーチェ ニュウモン
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 1994.9
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 4480056084
NCID BN11397681
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95009488
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想