カラダで感じる源氏物語

大塚ひかり 著

『源氏物語』はエロ本である。どんなにエロティックか、そしていかに現代的であるかをあますところなく暴きだす、気鋭の古典エッセイストの『源氏物語』論。「病気好き」「ブス好き」「コンプレックス」だらけの男たち、「ストレス過多」で、「拒食症」で、その中で自己を見出していく女たち。当時の時代背景、経済事情まで解説し、さらにオナニーにも使えると喝破する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 感じるエロス(病気する体
  • 感じるエロス ほか)
  • 第2章 源氏物語のリアリティ(ブスでもない美女でもない女の魅力
  • 等身大の男達 ほか)
  • 第3章 五感で感じる源氏物語(感じる視覚
  • 感じる触覚 ほか)
  • 第4章 失われた体を求めて-平成の平安化(感じる経済
  • 感じる不幸 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カラダで感じる源氏物語
著作者等 大塚 ひかり
書名ヨミ カラダ デ カンジル ゲンジ モノガタリ
書名別名 Karada de kanjiru genji monogatari
シリーズ名 源氏物語
ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2002.10
ページ数 294p
大きさ 15cm
ISBN 4480037780
NCID BA59149494
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20334110
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想