グローバル化と中小企業

中沢孝夫 著

景気の低迷や超円高により、いまや中小企業もグローバル化を生き延びようと海外への進出を加速している。企業の海外進出が進むと日本は空洞化する、という危機論が必ず出てくる。だが、それは本当だろうか。日本の製造業は、規模の大小を問わず、代替のきかない開発力と技術力の優位性で、国内競争を勝ち抜いてきた。それは海外でも同様で、海外進出した企業ほど、国内でも成長している。本書は東アジア諸国への進出を果たした中小企業の現場をレポートし、グローバル化に真に必要な要件を検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 海外進出に必要なこと-グローバル化の最前線から
  • 第2章 競争力の強化とビジネスチャンスの追求
  • 第3章 「産業空洞化論」のウソ-東アジアと日本の中小企業
  • 第4章 「脱工業化社会論」批判
  • 第5章 人はどのように育つか
  • 第6章 ブランド化する地場産業
  • 第7章 中小企業の未来へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバル化と中小企業
著作者等 中沢 孝夫
書名ヨミ グローバルカ ト チュウショウ キギョウ
書名別名 Gurobaruka to chusho kigyo
シリーズ名 筑摩選書 0033
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.1
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-480-01535-8
NCID BB08106822
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22058897
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想