兄チェーホフ

マリヤ・チェーホフ 著 ; 牧原純 訳

物心ついてから永別までの、兄の明るいユーモア、はにかみと思慮深さに満ちた振舞いと言葉が、チャイコフスキーやレヴィタン、トルストイやブーニンとの交友が、古いロシヤの息吹きと面影が、昨日のことのようによみがえる。生涯を兄に捧げた妹が語る奇跡の人チェーホフの肖像。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 子供のころ
  • 2 困窮の時代
  • 3 新しい生活
  • 4 ヴォスクレセンスクとバーブキノ
  • 5 サドーワヤ・クドリンスカヤで
  • 6 ルカーにて
  • 7 サハリン旅行
  • 8 ボギーモヴォの夏
  • 9 領地さがし
  • 10 メーリホヴォ
  • 11 私の友人リーカ
  • 12 アントンの名付け母
  • 13 「私の新しい友人たち」
  • 14 ペテルブルグの『かもめ』
  • 15 十六号室にて
  • 16 兄のいない冬
  • 17 父の晩年
  • 18 ふたたび『かもめ』
  • 19 ヤルタへの移転
  • 20 芸術座
  • 21 兄の結婚
  • 22 ヤルタの生活
  • 23 兄の死と埋葬
  • 24 半世紀を経て

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 兄チェーホフ
著作者等 Chekhova, M. P.
Chekhova, Mariia Pavlovna
牧原 純
チェーホワ マリヤ
書名ヨミ アニ チェーホフ
書名別名 Из далекого прошлого

遠い過去から

Ani chehofu
シリーズ名 筑摩叢書 356
出版元 筑摩書房
刊行年月 1991.8
ページ数 362p
大きさ 19cm
ISBN 4480013563
NCID BN06642367
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91067554
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想