格差社会スパイラル : コミュニケーションで二極化する仕事、家族

山田昌弘, 伊藤守 著

『希望格差社会』の山田昌弘とコーチングの第一人者伊藤守が新たな格差問題に挑む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 新たな格差の出現とその理由(日本人とコミュニケーション
  • 希薄化する「場」 ほか)
  • 第2章 格差スパイラルに関わる社会問題(ニューエコノミーがもたらしたもの
  • 伊藤守から山田昌弘への質問 格差の悪循環とは何か?)
  • 第3章 負のコミュニケーションと若年層労働者(若者たちが抱える希望喪失のロジック
  • 上司のコミュニケーション能力と企業の資産格差)
  • 第4章 "実感"できぬ格差を生き抜くために(求められる3つの「C」とは)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 格差社会スパイラル : コミュニケーションで二極化する仕事、家族
著作者等 伊藤 守
山田 昌弘
書名ヨミ カクサ シャカイ スパイラル : コミュニケーション デ ニキョクカスル シゴト カゾク
出版元 大和書房
刊行年月 2007.3
ページ数 236p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-479-79199-7
NCID BA81398133
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21206891
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想