シナリオ・シンキング : 不確実な未来への「構え」を創る思考法

西村行功 著

予知・予測は不可能だが、起こる可能性のある未来を複数想定し、「その未来が実際に起こったらどうするか?」を事前に考え、意思決定力・判断力を高めることはできる。これがシナリオ・シンキングだ。起こる可能性のある未来は「〜だろう」という"予測"の言葉ではなく、「〜していた」という"未来完了形"でストーリーとして語られなければならない。シナリオ・プランニングの基本がわかる一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 今、求められている「経営の構え」とは?
  • 第1章 環境認識ツールとしてのシナリオ・プランニング
  • 第2章 意思決定の質を高める
  • 第3章 組織の納得性を高める方法
  • 第4章 シナリオを実際に作成する
  • 第5章 組織の中でシナリオ・シンキングを実践する
  • 第6章 シナリオから戦略へ
  • 付章 ファシリテーションとプレゼンテーションの技術

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シナリオ・シンキング : 不確実な未来への「構え」を創る思考法
著作者等 西村 行功
書名ヨミ シナリオ シンキング : フカクジツナ ミライ エノ カマエ オ ツクル シコウホウ
書名別名 Shinario shinkingu
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 2003.5
ページ数 211p
大きさ 21cm
ISBN 4478490406
NCID BA6251450X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20421951
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想