誰が誰を叩いているのか : 戦略的管理貿易は、アメリカの正しい選択?

ローラ・D.タイソン 著 ; 阿部司 訳

日米半導体協定、欧州でのVCR輸入規制、電気通信MOSS協議をモデルに、新しい貿易政策を提言。クリントン政権のCEA委員長に大抜擢され、一躍脚光を浴びた経済学者の問題作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 アメリカのハイテク貿易の挑戦-慎重な行動主義者の展望
  • 2 技術集約産業における貿易および制度摩擦
  • 3 市場指向型個別分野(MOSS)協議からモトローラとクレイへ-ルールと結果による貿易管理
  • 4 半導体産業における管理貿易と協争
  • 5 商業用航空機製造業における産業政策と貿易管理
  • 6 貿易と投資の管理-エレクトロニクス産業におけるヨーロッパの戦略展開
  • 7 慎重な行動主義者による、ハイテク産業のための貿易政策提案

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 誰が誰を叩いているのか : 戦略的管理貿易は、アメリカの正しい選択?
著作者等 Tyson, Laura D'Andrea
竹中 平蔵
阿部 司
タイソン ローラ・D.
書名ヨミ ダレ ガ ダレ オ タタイテイルノカ
書名別名 Who's bashing whom?
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 1993.5
ページ数 466p
大きさ 20cm
ISBN 4478210195
NCID BN09179509
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93043662
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想