統計学が最強の学問である : データ社会を生き抜くための武器と教養

西内啓 著

あえて断言しよう。あらゆる学問のなかで統計学が最強の学問であると。どんな権威やロジックも吹き飛ばして正解を導き出す統計学の影響は、現代社会で強まる一方である。「ビッグデータ」などの言葉が流行ることもそうした状況の現れだが、はたしてどれだけの人が、その本当の魅力とパワフルさを知っているだろうか。本書では、最新の事例と研究結果をもとに、今までにない切り口から統計学の世界を案内する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ統計学が最強の学問なのか?
  • 第2章 サンプリングが情報コストを激減させる
  • 第3章 誤差と因果関係が統計学のキモである
  • 第4章 「ランダム化」という最強の武器
  • 第5章 ランダム化ができなかったらどうするか?
  • 第6章 統計家たちの仁義なき戦い
  • 終章 巨人の肩に立つ方法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 統計学が最強の学問である : データ社会を生き抜くための武器と教養
著作者等 西内 啓
書名ヨミ トウケイガク ガ サイキョウ ノ ガクモン デ アル : データ シャカイ オ イキヌク タメ ノ ブキ ト キョウヨウ
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 2013.1
ページ数 304p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-478-02221-4
NCID BB11506250
BB28374110
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22200126
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想