茶室を読む : 茶匠の工夫と創造

中村昌生 著

茶室を理想の空間とするために、古来茶匠は構成・用材に至るまで数々の工夫をめぐらせてきた。本書は紹鴎をはじめとして利休・宗旦・有楽・三斎・織部・宗箇・遠州・宗和・石州・不昧らがかかわった茶室にその工夫と創意をたずね、茶匠たちの茶風を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 紹鴎と利休の茶室-草庵風の確立
  • 第2章 宗旦の茶室-佗の究極
  • 第3章 利休の弟子たちの茶室-佗の緩和と草庵の書院化
  • 第4章 貴族の茶室
  • 第5章 石州と不昧の茶室-武家が追求した草庵
  • 第6章 広間の世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 茶室を読む : 茶匠の工夫と創造
著作者等 中村 昌生
書名ヨミ チャシツ オ ヨム : チャショウ ノ クフウ ト ソウゾウ
シリーズ名 裏千家学園公開講座
出版元 淡交社
刊行年月 2002.10
ページ数 190p
大きさ 19cm
ISBN 447301942X
NCID BA59288118
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20343084
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想