金田一春彦著作集  第7巻

金田一春彦 著

著者のライフワークとなった日本語のアクセント・方言論の主著『国語アクセントの史的研究』(1974年)と『日本の方言』(1975年)を収録-アクセント研究の方法を示し、日本語のアクセントの系統を明らかにする。他に「味噌よりは新しく茶よりは古い」など三論文を収めた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 アクセント史研究の意義
  • 本論 アクセント史研究の方法(アクセント史研究の原理
  • アクセント史研究の資料と扱い方)
  • 日本の方言-アクセントの変遷とその実相(日本の方言
  • 対馬・壱岐のアクセントの地位-九州諸方言のアクセントの対立はどうしてできたか
  • 東西両アクセントの違いができるまで
  • 熊野灘沿岸諸方言のアクセント
  • アクセントから見た琉球語諸方言の系統 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金田一春彦著作集
著作者等 金田一 春彦
書名ヨミ キンダイチ ハルヒコ チョサクシュウ
巻冊次 第7巻
出版元 玉川大学出版部
刊行年月 2005.3
ページ数 693p
大きさ 22cm
ISBN 4472014777
NCID BA64759712
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20764300
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ことばの歳時記 金田一 春彦
わが青春の記 金田一 春彦
ケヤキ横丁の住人 金田一 春彦
不變化助動詞の本質 金田一 春彦
別巻: 遺稿 放送 対談 金田一 春彦
十五夜お月さん : 本居長世 人と作品 金田一 春彦
去声点ではじまる語彙について 金田一 春彦
古代アクセントから近代アクセントへ 金田一 春彦
国語のアクセントの時代的変遷 金田一 春彦
国語アクセントの地方的分布 金田一 春彦
国語アクセント史の研究が何に役立つか 金田一 春彦
國語動詞の一分類 金田一 春彦
垣通しの花 金田一 春彦
埼玉縣下に分布する特殊アクセントの考察 金田一 春彦
奈良・平安・室町時代の日本語を再現する 金田一 春彦
契沖の仮名遣書所載の国語アクセント 金田一 春彦
平声軽の声点について 金田一 春彦
平家語釈僻案抄 金田一 春彦
平曲の音声 金田一 春彦
忘れがたき人々 金田一 春彦
方向観による平安朝アクセント 金田一 春彦
方言の世界 金田一 春彦
日本の方言 : アクセントの変遷とその実相 金田一 春彦
日本四声古義 金田一 春彦
日本語とは 金田一 春彦
日本語のあゆみ 金田一 春彦
日本語のアクセントから中国唐時代の四声値を推定する 金田一 春彦
日本語の使いかた 金田一 春彦
日本語の型 金田一 春彦
日本語の特質 金田一 春彦
日本語への希望 金田一 春彦
日本語動詞のテンスとアスペクト 金田一 春彦
朗読源氏物語 金田一 春彦
東京語アクセントの再検討 金田一 春彦
現代諸方言の比較から觀た平安朝アクセント 金田一 春彦
移りゆく東京アクセント 金田一 春彦
第10巻: 童謡・唱歌の世界 金田一 春彦
第11巻: ことばの四季 金田一 春彦
第12巻: 父京助を語る 金田一 春彦
第1巻: 日本人の言語表現 金田一 春彦
第2巻: 正しい日本語 金田一 春彦
第3巻: 日本語のしくみ 金田一 春彦
第4巻: 日本語 金田一 春彦
第5巻: 四座講式の研究 金田一 春彦
第6巻: 日本語音韻の研究 金田一 春彦
第7巻: 国語アクセントの史的研究 : 原理と方法 金田一 春彦
第8巻: 日本語方言の研究 金田一 春彦
第9巻: 補忘記の研究 : 續貂 金田一 春彦
自然と人生 金田一 春彦
話し言葉の技術 金田一 春彦
連濁の解 金田一 春彦
金光明最勝王経音義に見える一種の万葉仮名遣について 金田一 春彦
音韻史資料としての真言声明 金田一 春彦
類聚名義抄和訓に施されたる声符に就て 金田一 春彦
鶏肋集 金田一 春彦
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想