ジョークとレトリックの語用論

小泉保 著

言語学からの新しい提言です。アリストテレス以来、未だ定説を見ていない"メタファー"の分析、ベルクソン、フロイトたちが追究してきた"笑い"の本質-これらの永遠のテーマに、今世紀最強の武器をひっさげて、挑む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ジョークとレトリック
  • 第1章 ジョークの語用論(「笑い」の研究史
  • 語用論による新しい分析
  • ジョークの増幅 ほか)
  • 第2章 レトリックの語用論(直喩と隠喩
  • 換喩と提喩
  • 誇張法と緩叙法 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジョークとレトリックの語用論
著作者等 小泉 保
書名ヨミ ジョーク ト レトリック ノ ゴヨウロン
書名別名 Joku to retorikku no goyoron
出版元 大修館書店
刊行年月 1997.5
ページ数 259p
大きさ 19cm
ISBN 4469212105
NCID BA31087517
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98013205
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想