戦勝国は日本だった : 米陸軍寒地研究所にて

安濃豊 著

雪氷学者中谷宇吉郎の孫弟子そして漱石の4代目の弟子に当たる物理学者、田中俊彦は世界で初めて吹雪の風洞シミュレーションに成功し、米陸軍に招請される。日本の閉鎖的且つ封建的な学会の風土に嫌気がさしていた俊彦は祖国日本を捨て渡米、しかし、そこで見たものは白人優越主義と有色人種蔑視の現実、日本民族の誇りを捨て白人達に媚びる日本人研究者達の姿であった。そして、俊彦に与えられた仕事、それは冬期間の核爆発に関する研究であった。人種差別と不本意な軍事研究の狭間で悩む俊彦に、中国人研究者のワン博士が忠告したことは。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦勝国は日本だった : 米陸軍寒地研究所にて
著作者等 安濃 豊
書名ヨミ センショウコク ワ ニホン ダッタ : ベイリクグン カンチ ケンキュウジョ ニテ
書名別名 Senshokoku wa nihon datta
出版元 柏艪舎 : 星雲社
刊行年月 2006.5
ページ数 226p
大きさ 20cm
ISBN 443407444X
NCID BA77400741
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21019261
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想