ガロア理論

J.ロットマン 著 ; 関口次郎 訳

「一般の5次以上の代数方程式は代数的に解けない」というガロア理論にできるだけ少ない準備で到達することを目標にする。群論の予備知識を必要最小限にしぼり、代数方程式と体の関係を中心にガロア理論を展開した。各章ごとに具体的な練習問題を数多く設け、読者が明快なイメージとともに本書を読み進んでいけるよう工夫が凝らされている。体の理論から導かれる1つの系としてガロア理論にふれるにとどまる標準的な教科書の抽象的な理論展開の中では見失いがちな数学のおもしろさを味わうことができるであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 対称性
  • 整域と体
  • 準同型とイデアル
  • 商環
  • 体上の多項式環
  • 素イデアルと極大イデアル
  • 既約多項式
  • 古典的な解の公式
  • 分解体〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガロア理論
著作者等 Rotman, Joseph
Rotman, Joseph J.
関口 次郎
ロットマン ジョセフ
書名ヨミ ガロア リロン
書名別名 Galois theory. (2nd ed.)

Garoa riron
出版元 シュプリンガー・フェアラーク東京
刊行年月 2000.6
版表示 改訂新版.
ページ数 207p
大きさ 21cm
ISBN 4431708901
NCID BA47229687
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20084417
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想