中国人の宗教意識

吉川忠夫 著

本書は六朝隋唐期の中世600年に及ぶ時代を対象に、人々の日常に息づく「罪の意識」に光をあて、幅広く多様な中国人の宗教意識を見事に描き出す。儒・仏・道の三教に亙る広範な文献を渉猟しつつ、罪意識と贖いの儀礼を通して、中国社会に通底する宗教の深層構造を初めて本格的に明らかにした問題作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 『後漢書』楚王英伝から
  • 1 静室-懺悔の場(静室の諸相とその展開
  • 静室内のしつらえ
  • 静室における儀礼 ほか)
  • 2 罪の懺悔(罪目
  • 道教徒の懺悔-とくに王羲之の場合
  • 仏教徒の懺悔-とくに沈約の場合 ほか)
  • 3 償債と謫仙(輪廻応報の思想
  • 禅録のなかの償債
  • 『高僧伝』のなかの償債 ほか)
  • 4 宗教に傾斜する心性(漢代人の遺言・遺書と沐並の「終制」
  • 遺言・遺書のなかの仏教
  • 皇侃の『論語義疏』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国人の宗教意識
著作者等 吉川 忠夫
書名ヨミ チュウゴクジン ノ シュウキョウ イシキ
書名別名 Chugokujin no shukyo ishiki
シリーズ名 中国学芸叢書 / 戸川芳郎, 林田慎之助 責任編集 5
出版元 創文社
刊行年月 1998.7
ページ数 279, 21p
大きさ 20cm
ISBN 4423194112
NCID BA36798691
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99029078
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想