偶然とは何か : 北欧神話で読む現代数学理論全6章

イーヴァル・エクランド 著 ; 南條郁子 訳

サイコロ、量子力学、神の存在証明、不完全性定理、スリーマイル原発事故、金融オプション…これらに共通する性質とは?「偶然」の多面性を様々な角度から明らかにする。ダランベール賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 偶然
  • 第2章 運命
  • 第3章 予想
  • 第4章 カオス
  • 第5章 リスク
  • 第6章 統計

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 偶然とは何か : 北欧神話で読む現代数学理論全6章
著作者等 Ekeland, Ivar
南条 郁子
南條 郁子
エクランド イーヴァル
書名ヨミ グウゼン トワ ナニカ : ホクオウ シンワ デ ヨム ゲンダイ スウガク リロン ゼン6ショウ
書名別名 Au hasard
出版元 創元社
刊行年月 2006.2
ページ数 277p
大きさ 20cm
ISBN 4422400193
NCID BA7591409X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21049994
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想