「日米合同委員会」の研究

吉田敏浩 著

日本政府の上に君臨し、軍事も外交も司法までも日本の主権を侵害する取り決めを交わす"影の政府"の実像とは?謎の権力構造の正体に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日米合同委員会とは何か(銃を持った日本人警備員のいる都心の米軍基地
  • 日本のエリート官僚とアメリカの高級軍人が集う合同委員会 ほか)
  • 2 なぜ日本の空は、いまでも米軍に支配されているのか(「横田空域」-目に見えない空の壁
  • 「横田空域」の法的根拠を開示しない日本政府 ほか)
  • 3 日本占領管理はどのようにして継続したのか-「占領管理法体系」から「安保法体系」へ(米軍の特権を認めた日米行政協定
  • 日米合同委員会の前身にあたる予備作業班 ほか)
  • 4 最高裁にもあった裏マニュアル(『最高裁部外秘資料』に載っていた密約
  • 民事裁判権に関する秘密合意 ほか)
  • 5 密室の協議はこうしておこなわれる-富士演習場をめぐる密約(米軍による富士演習場の優先使用権密約
  • アメリカ議会の議事録から明らかになった密約の存在 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「日米合同委員会」の研究
著作者等 吉田 敏浩
書名ヨミ ニチベイ ゴウドウ イインカイ ノ ケンキュウ : ナゾ ノ ケンリョク コウゾウ ノ ショウタイ ニ セマル
書名別名 謎の権力構造の正体に迫る
シリーズ名 日米地位協定 5
「戦後再発見」双書 5
出版元 創元社
刊行年月 2016.12
ページ数 332p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-422-30055-9
NCID BB22782704
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22836658
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想