ラメセス2世 : 神になった太陽王の物語

ベルナデット・ムニュー 著 ; 吉村作治 監修 ; 南條郁子, 福田ゆき 訳

たった一人でカデシュの敵軍の中に身を投じたラメセス2世は、確かにラーとアメンから愛され選ばれた息子であり、エジプトの民が頼るに足る神王であった。そのことを、彼は全世界の人々の目の前で証明したのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ラメセス2世登場の背景
  • 第2章 統治の原則
  • 第3章 政治と祭事
  • 第4章 力と支配
  • 第5章 現世と来世
  • 資料篇-記録が語るラメセス2世

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ラメセス2世 : 神になった太陽王の物語
著作者等 Menu, Bernadette
南条 郁子
吉村 作治
福田 ゆき
ムニュー ベルナデット
書名ヨミ ラメセス 2セイ : カミ ニ ナッタ タイヨウオウ ノ モノガタリ
書名別名 Ramsès 2

Ramesesu 2sei
シリーズ名 「知の再発見」双書 81
出版元 創元社
刊行年月 1999.2
ページ数 166p
大きさ 18cm
ISBN 4422211412
NCID BA3966750X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99068163
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想