課税訴訟の理論と実務

今村隆 ほか共著

執筆者は、それぞれの立場で課税訴訟の実務に現に携わっていたり、携わった経験を生かして、課税訴訟の実務に即した本を出版することとした。したがって、本書は、裁判例の分析を中心として、主に法律的な観点から論じたものである。また、本書の執筆に当たっては、簡明であることを心がけ、説明に当たり図表を用いたり、論点相互の関連性を明らかにするために、可能な限り"参照"すべき個所を示すなどの工夫をした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 課税手続の概要(納税義務の成立
  • 納税義務の確定)
  • 第2編 行政不服申立ての概要(不服申立制度の概要
  • 不服申立てをめぐる諸問題)
  • 第3編 課税訴訟の概要(主な課税訴訟の類型
  • 課税処分取消訴訟等
  • 推計課税
  • 所得金額の算定方法
  • 各種課税訴訟)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 課税訴訟の理論と実務
著作者等 今村 隆
有賀 文宣
脇 博人
小尾 仁
書名ヨミ カゼイ ソショウ ノ リロン ト ジツム
出版元 税務経理協会
刊行年月 1998.11
ページ数 420p
大きさ 22cm
ISBN 441903078X
NCID BA39103446
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99063619
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想