天文アマチュアのための望遠鏡光学

吉田正太郎 著

屈折望遠鏡はふつうの天体観測だけでなく、恒星の三角視差の測定や、天頂儀、子午環、測量機などとして精密測定に使ったり、正立系を入れて観光望遠鏡や双眼鏡としても広く用いられています。屈折望遠鏡は、視界中央のシャープな像を安心して利用できるからです。この本では屈折望遠鏡の基本的な原理と最新の技術を、できるだけ正確に、わかりやすく説明します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 世界史のなかの屈折望遠鏡
  • 2 レンズ光学入門
  • 3 屈折望遠鏡の一般光学
  • 4 光学材料
  • 5 対物レンズ
  • 6 接眼鏡
  • 7 カタディオプトリック系

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天文アマチュアのための望遠鏡光学
著作者等 吉田 正太郎
書名ヨミ テンモン アマチュア ノ タメノ ボウエンキョウ コウガク
出版元 誠文堂新光社
刊行年月 1978.7
版表示 新版
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 4416289081
NCID BA74802851
BN02109141
BN03102170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
78023124
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想