わかってきた星座神話の起源  古代メソポタミアの星座

近藤二郎 著

最新の資料をもとに、古代エジプトの天文学と現在の星座神話のつながりをひもときながら星座神話の世界を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 天文学発祥の地メソポタミア
  • 第2章 黄道一二宮の星座
  • 第3章 北天の星座
  • 第4章 南天の星座・黄道一二宮以外の星座
  • 第5章 古代メソポタミアの天体観測
  • 第6章 古代メソポタミアから、ギリシア、アラビアへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わかってきた星座神話の起源
著作者等 近藤 二郎
書名ヨミ ワカッテキタ セイザ シンワ ノ キゲン
巻冊次 古代メソポタミアの星座
出版元 誠文堂新光社
刊行年月 2010.12
ページ数 190p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-416-21024-6
NCID BB05091081
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21865773
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想