子どもの「困った」は食事でよくなる : キレる・多動・不登校…

溝口徹 著

その「困った」は発達障害、ADHDではなかった。身近な食べ物が心のトラブルを引き起こす「脳アレルギー」とは。成長期の脳と体のための最新栄養医学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 キレる、落ち着きがない…原因は食べ物だった!-発達障害にされている子どもたち(問題行動の裏には「栄養」がかかわっている
  • 心の病に栄養でアプローチする「栄養療法」 ほか)
  • 第2章 心のトラブルを引き起こす「脳アレルギー」のメカニズム-消化・吸収と免疫の関係(体には「内なる外」がある
  • 免疫は体のあちこちにある"関所" ほか)
  • 第3章 この食べ方で「脳アレルギー」がよくなる!-成長期の子どものための栄養学(「脳アレルギー」のための栄養療法
  • 「大好物」をつくってはいけない ほか)
  • 第4章 栄養療法で子どもはここまで変わる!-「脳アレルギー」の改善症例(「困った」症状が出る前から「脳アレルギー」は起きている
  • 忘れ物が多く、感情の起伏が激しい→卵・砂糖アレルギー ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもの「困った」は食事でよくなる : キレる・多動・不登校…
著作者等 溝口 徹
書名ヨミ コドモ ノ コマッタ ワ ショクジ デ ヨクナル : キレル タドウ フトウコウ
シリーズ名 インテリジェンス PI-331
青春新書 PI-331
出版元 青春出版社
刊行年月 2011.9
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-413-04331-1
NCID BB07033610
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21979137
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想