「うつ」は食べ物が原因だった!

溝口徹 著

あなたの心は、あなたの食べたものでできている!なぜなら、心の働きにかかわる脳内神経伝達物質は、栄養素によってつくられるからだ。栄養素の不足や血糖調節異常は「うつ」とよく似た症状を示すが、著者は栄養指導により多くの精神症状を改善してきた。本書では、うつに陥りやすい現代人の食事の問題点や、心に効く食べ方を解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「うつ」の95%は脳の栄養不足!?(年々増え続ける「うつ」
  • 典型的なうつ症状とは? ほか)
  • 第2章 心をつくる脳の仕組み(心の変化は、脳の変化
  • 3つの神経伝達物質の働き ほか)
  • 第3章 栄養療法で心が元気になるメカニズム(身体と心に欠かせない五大栄養素
  • 糖質-身体を動かすエネルギーの源 ほか)
  • 第4章 心のトラブルを引き起こす5つの栄養欠損(低血糖症
  • 鉄欠乏 ほか)
  • 第5章 今日から実践!「うつ」にならない生き方(現代人を象徴する「ヘタレ君」の食生活
  • 加工食品・スナック菓子を食べると栄養素が減る! ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「うつ」は食べ物が原因だった!
著作者等 溝口 徹
書名ヨミ ウツ ワ タベモノ ガ ゲンイン ダッタ
書名別名 Utsu wa tabemono ga gen'in datta
シリーズ名 インテリジェンス PI-238
青春新書 PI-238
出版元 青春出版社
刊行年月 2009.6
ページ数 205p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-413-04238-3
NCID BA90229181
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21596391
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想