世界に宿る魂

J.ヒルマン 著 ; 濱野清志 訳

本書収録の二つの講演(『心臓の意識』と『世界のたましい』)においてヒルマンは、個人の分析にとどまらず個人を包む世界そのものを視野に入れたこころとたましいの問題を縦横に論じる。心臓をこころや意識や思考が定位する場と捉え、世界や事物の知を感受する感覚器官と象徴的に見なす、ユング派分析家の中でも異色の存在、魂の心理学の著者ならではの独特の世界把握が圧巻。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 心臓の意識(囚われたこころ(獅子のこころもしくは獅子心王
  • ハーヴィーの心臓 ほか)
  • 美のこころ(カローン・カガトーンとユング
  • 「別の状態(order)に移行すること」 ほか))
  • 世界のたましい(アニマ・ムンディ)-世界へのたましいの回帰(こころの現実性(psychic reality)
  • 世界のたましい ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界に宿る魂
著作者等 Hillman, James
浜野 清志
ヒルマン ジェイムズ
書名ヨミ セカイ ニ ヤドル タマシイ : シコウスル ココロ
書名別名 The thought of the heart & the soul of the world

思考する心臓

Sekai ni yadoru tamashii
出版元 人文書院
刊行年月 1999.8
ページ数 184p
大きさ 20cm
ISBN 4409330446
NCID BA42548236
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20020255
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想