プロトコル

アレクサンダー・R.ギャロウェイ 著 ; 北野圭介 訳

ネット空間を制御する論理=プロトコルは、いまや現実世界をも深く貫いている。その作動方式を技術面から精緻に捉え、大胆に概念化することで、現代社会論、権力論、メディア論など人文諸学を全面的に更新した、新時代のマグナム・オーパス。『"帝国"』論を過去のものにし、『資本論』を生命論として読み替え、アート論にまで飛翔する、思想界を掻き立てる鬼才が20代で著しい話題作、ついに邦訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 脱中心化以後、、コントロールはどのように作動しているのか(物理的メディア
  • 形式
  • 権力)
  • 第2部 プロトコルをめぐるいくつかの失策(制度化)
  • 第3部 プロトコルの未来(ハッキング
  • 戦術的メディア
  • インターネットアート)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プロトコル
著作者等 Galloway, Alexander R.
北野 圭介
ギャロウェイ アレクサンダー・R.
書名ヨミ プロトコル : ダツチュウシンカ イゴ ノ コントロール ワ イカニ サドウ スル ノカ
書名別名 PROTOCOL

脱中心化以後のコントロールはいかに作動するのか
出版元 人文書院
刊行年月 2017.8
ページ数 421p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-409-03095-0
NCID BB24366198
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22993873
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想