看守眼

横山秀夫 著

刑事を夢見て看守台に座り続けた男、最後の「看守眼」-。R県警の機関誌を担当する事務職員・山名悦子は、定年退職者全員による回想手記の特集を編集中に、ひとり分だけ原稿が足りないことに気付く。二十九年間、留置場の看守として警察人生を歩んできたF署の近藤宮男が原稿を寄越していないらしい。催促のため、悦子は近藤の自宅に向うが、「捜査」で外出しているという。「穴蔵刑事が穴蔵から出てきちゃった」と近藤の妻は笑うのだが…表題作ほか、「人生の瞬間」を緊迫の筆致で描く、六編の人間ドラマ。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 看守眼
著作者等 横山 秀夫
書名ヨミ カンシュガン
シリーズ名 Joy novels
出版元 実業之日本社
刊行年月 2007.7
ページ数 235p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-408-50485-8
NCID BA83900170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21264813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想