沖縄「地理・地名・地図」の謎

安里進 監修

沖縄にはかつて泡盛"特区"が存在した!?地理や地名・地図から見える沖縄県の意外な歴史と真実!沖縄県民愛がぐ〜んと深まる知的ガイドブック!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 王国を支えた中心都市-首里城と首里の街(聖なる道なのに歪んでいる?首里城正殿前の「浮道」の謎
  • 平城京も平安京も南向きなぜ首里城正殿は西向きに立つ? ほか)
  • 第2章 今も昔も移住者にやさしい-活気ある街-那覇今昔物語(那覇は「ナーファ」か「ナワ」か議論百出した時代がある
  • 国際通りはなぜたくさんの墓に囲まれているのか ほか)
  • 第3章 石器時代から現代まで続く-知られざる沖縄本島(「オキナワ」はいつから沖縄になったのか?
  • 「沖縄人はテーゲー」とは言わせない乾隆検地と琉球国之図の精密さを見よ! ほか)
  • 第4章 最西端から最南端まで-個性あふれる島々(ギザギザの島と丸い島、移動を続ける島!沖縄の島々にまつわる不思議
  • 久米島の六角形の畳石は地下深くまで続いている ほか)
  • 第5章 なぜここまで違うのか?-地名の由来(沖縄の名字のほとんどは地名から来ている!?
  • 金城、大城、新城、玻名城…「城」がつく地名が多いのはなぜ? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沖縄「地理・地名・地図」の謎
著作者等 喜納 大作
安里 進
菅野 夕霧
武田 ちよこ
池宮 康子
書名ヨミ オキナワ チリ チメイ チズ ノ ナゾ : イガイ ト シラナイ オキナワケン ノ レキシ オ ヨミトク
書名別名 意外と知らない沖縄県の歴史を読み解く!
シリーズ名 じっぴコンパクト新書 220
出版元 実業之日本社
刊行年月 2015.1
ページ数 198p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-408-45531-0
NCID BB17774591
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22516801
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想