方言とドラマと私 : ローカル色のパレット広げて

大原穣子 著

方言指導の第一人者が語る仕事への思い。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 私の方言遍路(三つ子の魂
  • 島のまつり ほか)
  • 2 ことばは世につれ暮らしにつれ(ことばは「人」を語る
  • 失われた船場ことば ほか)
  • 3 方言指導という仕事(方言指導というパート
  • 「春琴抄」-専属スタッフとしての初仕事 ほか)
  • 4 方言指導の楽しさ難しさ(「京都もの」の緊張感
  • 「さー」の一言 ほか)
  • 5 文化としての方言を継承する(「ドラマと方言」を考えつつ
  • 専門職として確立して)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 方言とドラマと私 : ローカル色のパレット広げて
著作者等 大原 穣子
書名ヨミ ホウゲン ト ドラマ ト ワタシ : ローカルイロ ノ パレット ヒロゲテ
書名別名 ローカル色のパレット

Hogen to dorama to watashi
出版元 新日本出版社
刊行年月 2006.4
ページ数 190p
大きさ 19cm
ISBN 4406032592
NCID BA76666222
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21018839
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想