日本史有名人「おやじの背中」

新人物往来社 編

頑固、謹厳、ぐうたら、恐妻、子煩悩、放蕩無頼…と、今も昔もお父さんを語る言葉は変わらない。社会の理不尽、世間のしがらみ、まもらねばならぬ家族…父の背には、負うてきた人生の重みと悲哀、そして男の誇りがにじむ。家庭の不和に心を痛めた小林一茶の父、わが子を養子に出した夏目漱石の父、莫大な遺産を遺した吉田茂の養父など、江戸〜昭和に活躍した有名人96人の「おやじ」列伝。歴史の表面にはほとんど出てこない父と子の、切なくもほろ苦いドラマが、そこにある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 江戸(水戸光圀-世継ぎを厳格に躾けた父
  • 保科正之-将軍の子を育て、御家存続にも尽力した養父 ほか)
  • 幕末(藤田東湖-町人出身ながら幕政にも参画した父
  • 佐久間象山-母を正妻にするため、父子で演じた筋書 ほか)
  • 明治(三条実美-神社に祀られた安政の大獄の犠牲者
  • 伊藤博文-村を捨て姓を捨て少年博文を見守った父 ほか)
  • 大正・昭和(後藤新平-堅実を望んだ父と大志を抱いた息子
  • 原敬-父の早世が息子に与えた辛苦 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本史有名人「おやじの背中」
著作者等 新人物往来社
書名ヨミ ニホンシ ユウメイジン オヤジ ノ セナカ
書名別名 事典がのせない日本史有名人の父たち

Nihonshi yumeijin oyaji no senaka
シリーズ名 新人物文庫 17
出版元 新人物往来社
刊行年月 2009.7
ページ数 382p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-404-03722-0
全国書誌番号
21631703
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想