伽耶と古代東アジア

小田富士雄 ほか著

中国大陸と日本列島との交流の跡を物語る伽耶は、朝鮮半島南部に位置し、当時の情況をしるうえで貴重な資料を豊富に提出した。東アジアの中で、日本列島がどのように変貌を遂げ、列島統一へ向かったかを豊富なカラー写真と第一線の朝鮮研究者で解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 伽耶と古代東アジア(古墳文化期における日韓交渉
  • 考古学的にみた高句麗研究の現状
  • 加耶成立前後の諸問題)
  • 2 伽耶の文化(土師器系軟質土器考
  • 加耶出土の甲冑
  • 加耶の馬具)
  • 3 朝鮮半島をめぐる国際交流(考古資料からみた高句麗と加耶・新羅との交通関係
  • 朝鮮半島と日本の土器)
  • 4 シンポジウム(古代王国「伽耶」を解く
  • 古代朝鮮と日本)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 伽耶と古代東アジア
著作者等 小田 富士雄
安 在晧
宋 桂鉉
東 潮
武末 純一
申 敬〓
金 斗〓
西谷 正
書名ヨミ カヤ ト コダイ ヒガシアジア
出版元 新人物往来社
刊行年月 1993.11
ページ数 287p
大きさ 22cm
ISBN 4404020627
NCID BN09892451
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94018894
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想