天皇家はなぜ続いたか

今谷明 著

日本という国号が決まるのとほぼ時を同じくしてその称号の定まった天皇家は、なぜ現代にいたるまで連綿と続いたのか。律令制の崩壊、武家政権との確執にも生き残った歴史を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 中世の天皇
  • 第2章 権力から権威へ
  • 第3章 皇位継承の危機
  • 終章 これからの天皇制研究

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天皇家はなぜ続いたか
著作者等 今谷 明
網野 善彦
横井 清
赤坂 憲雄
阿部 泰郎
山折 哲雄
書名ヨミ テンノウケ ワ ナゼ ツズイタカ
書名別名 Tennoke wa naze tsuzuitaka
出版元 新人物往来社
刊行年月 1991.12
ページ数 247p
大きさ 19cm
ISBN 4404018746
NCID BN06998004
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92017152
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想