ナイアガラに愛をこめて

木村ユタカ 著

ナイアガラ・ポップスはどこから来たのか?その答がここにある。本書では、ナイアガラ・ポップスのルーツを紐解くとともに、そのルーツである"古きよき時代の洋楽"の魅力にもスポットをあてる。また、自らのルーツとした音楽に関しては研究家レベルだった大瀧が携わった、興味深いワークス(アルバム編纂、ラジオ番組制作/DJ)などもご紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 Rock'n'Roll,Elvis Presley
  • 2 Aldon〜Screen Gems,Teenage Idol Pops
  • 3 Phil Spector's Wall Of Sound
  • 4 Chorus Group,The 4 Seasons,Doo Wop
  • 5 Surfin'&Hot Rod,The Beach Boys,Rock Instrumental
  • 6 Rhythm&Blues,New Orleans
  • 7 Liverpool Sound,The Beatles,Joe Meek,UK Pops
  • 8 Buffalo Springfield,Swamp Rock,Soft Rock,Singer Songwriter
  • 9 Country&Western,Jazz,Popular Standard
  • 10 Japanese Pops,Crazy Cats
  • 11 Eiichi Ohtaki&Niagara Discography

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナイアガラに愛をこめて
著作者等 木村 ユタカ
書名ヨミ ナイアガラ ニ アイ オ コメテ : オオタキ エイイチ ルーツ タンボウ ノ タビ
書名別名 FOR NIAGARA WITH LOVE

FOR NIAGARA WITH LOVE : 大瀧詠一ルーツ探訪の旅

Naiagara ni ai o komete
出版元 シンコーミュージック・エンタテイメント
刊行年月 2014.4
ページ数 174p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-401-63974-8
NCID BB15648858
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22392710
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想