世界で一番他人(ひと)にやさしい国・日本

マンリオ・カデロ, 加瀬英明 [著]

来日して40年、サンマリノ大使であると同時に、在京各国大使を代表する「駐日外交団長」として、宮中の公式行事では天皇陛下に御挨拶申し上げる立場にもある著者による、異色の日本文化論。大使は熱心なカトリック教徒である一方で、日本の神道を高く評価し、サンマリノに欧州初の神社を建立した。神道は宗教ではなく、自然と一体となった「生き方」であるとして、その精神が世界の中でもまったく類を見ない、日本人の他人に対する思いやり、やさしさの源泉になっていると分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 世界が学ぶべき「日本モデル」(日本人のやさしさの源泉
  • 日本が世界から称賛される理由
  • 日本文化の、豊かさと独創性)
  • 第2部 自然に感謝する日本人のこころ(神話が現代につながっている国
  • 和食こそが日本文化の象徴
  • 変わらない心、失われた心
  • 自然に寄り添う日本の心)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界で一番他人(ひと)にやさしい国・日本
著作者等 Cadelo, Manlio
加瀬 英明
カデロ マンリオ
書名ヨミ セカイ デ イチバン ヒト ニ ヤサシイ クニ ニホン
書名別名 世界で一番他人にやさしい国・日本

Sekai de ichiban hito ni yasashi kuni nihon
シリーズ名 祥伝社新書 488
出版元 祥伝社
刊行年月 2016.11
ページ数 220p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-396-11488-6
NCID BB22379654
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22812515
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想