英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄

ヘンリー・S・ストークス 著 ; 藤田裕行 訳

滞日五〇年、『フィナンシャル・タイムズ』『ロンドン・タイムズ』『ニューヨーク・タイムズ』の各東京支局長を歴任し、三島由紀夫とも親交を結んだ英国人大物記者が、戦後、戦勝国の都合で作り上げられた「日本悪玉論」を断罪。南京事件、靖国参拝、従軍慰安婦などの問題について論じ、さらに三島が死を賭して訴えようとしたものが何であったかを問いかける。来日当時は戦勝国史観を疑うことなく信奉していた著者は、いかにして考え方を大転換させるに至ったのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 故郷イギリスで見たアメリカ軍の戦車
  • 第2章 日本だけが戦争犯罪国家なのか?
  • 第3章 三島由紀夫が死を賭して問うたもの
  • 第4章 橋下市長の記者会見と慰安婦問題
  • 第5章 蒋介石、毛沢東も否定した「南京大虐殺」
  • 第6章 『英霊の聲』とは何だったか
  • 第7章 日本はアジアの希望の光
  • 第8章 私が会ったアジアのリーダーたち
  • 第9章 私の心に残る人々
  • 終章 日本人は日本を見直そう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄
著作者等 Scott-Stokes, Henry
藤田 裕行
Stokes Henry Scott
ストークス ヘンリー・S.
書名ヨミ エイコクジン キシャ ガ ミタ レンゴウコク センショウ シカン ノ キョモウ
書名別名 Eikokujin kisha ga mita rengokoku sensho shikan no kyomo
シリーズ名 祥伝社新書 351
出版元 祥伝社
刊行年月 2013.12
ページ数 252p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-396-11351-3
NCID BB14203641
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22341139
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想