日本の聖なる石を訪ねて : 知られざるパワー・ストーン300カ所

須田郡司 著

祝詞にも出てくる「常磐・堅磐」とは、永遠に変わることのない、石の持つ力の強大さを表わした言葉だ。日本には、今も昔も、大小さまざまな石が祀られている。著者は、信仰の対象である「聖なる石」の姿を各地に求め、写真に収めてきた。その写真からは、感動的な出会いの瞬間が伝わってくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ、石を信仰するのか
  • 第2章 日本人は、どのような石を祀ってきたか(巨石
  • 夫婦岩
  • そそり立つ石 ほか)
  • 第3章 石の聖地を訪ねて(大石林山(沖縄県)
  • 阿蘇山周辺(熊本県)
  • 肥前大和巨石パーク(佐賀県) ほか)
  • 第4章 日本の聖なる石"306カ所"リスト(九州と沖縄
  • 中国と四国
  • 近畿と中部 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の聖なる石を訪ねて : 知られざるパワー・ストーン300カ所
著作者等 須田 郡司
書名ヨミ ニホン ノ セイナル イシ オ タズネテ : シラレザル パワー ストーン 300カショ
シリーズ名 祥伝社新書 252
出版元 祥伝社
刊行年月 2011.10
ページ数 348p 図版16枚
大きさ 18cm
ISBN 978-4-396-11252-3
NCID BB07428244
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21995767
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想