クララ・シューマン

モニカ・シュテークマン 著 ; 玉川裕子 訳

ピアニストとして、作曲家として、教育者として…新しい美学の規範を確立しつつ、19世紀の音楽界に多大な足跡を残した芸術家の生涯。定評ある「ロ・ロ・ロ伝記叢書」の俗流解釈を排した堅実な評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 音楽家への道
  • 二重生活
  • 幸福と現実
  • 演奏会-プログラム-戦略
  • 作曲家として、ピアニストとして
  • 郷愁、最後の調べ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クララ・シューマン
著作者等 Steegmann, Monica
玉川 裕子
シュテークマン モニカ
書名ヨミ クララ シューマン
書名別名 CLARA SCHUMANN

Kurara shuman
出版元 春秋社
刊行年月 2014.9
ページ数 219,26p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-93585-9
NCID BB16703394
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22480194
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想