短歌を詠む科学者たち

松村由利子 著

科学の美、言葉の美。彼らの傍らには、いつも短歌があった。その歌ごころと研究の歩み、両面に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 理論物理学者の歌ごころ-湯川秀樹の場合
  • 第2章 精神科医の日常の深みから-斎藤茂吉の場合
  • 第3章 生命科学者を支えた歌-柳澤桂子の場合
  • 第4章 物理の世界から科学ジャーナリストへ-石原純の場合
  • 第5章 細胞のふるまいと歌の狭間に-永田和宏の場合
  • 第6章 パリで詠み続けた女性物理学者-湯浅年子の場合
  • 第7章 コンピュータの未来と短歌-坂井修一の場合

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 短歌を詠む科学者たち
著作者等 松村 由利子
書名ヨミ タンカ オ ヨム カガクシャタチ
出版元 春秋社
刊行年月 2016.10
ページ数 332p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-44418-4
NCID BB2247486X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22813201
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想