神の国とキリスト者の生

アルブレヒト・リッチュル 著 ; 深井智朗, 加藤喜之 訳

神学を形而上学から解放せよ!神学をロマン主義から解き放ち、啓示の場所を人間の道徳性に求めて、神学を実証主義に耐えうる学問たらしめんとした近代神学の巨人、日本初紹介!当時の複雑な学問・社会状況からリッチュル神学の特質まで詳細な解説を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 神の国についての教え(宗教的理念としての神の国
  • 倫理の根本思想としての神の国)
  • 第2部 キリストによる和解についての教え(三四‐四二節 罪、悪、神の試み
  • 四三‐四八節 救済、罪の赦し、和解 ほか)
  • 第3部 キリスト教徒の生活についての教え(五五‐五九節 聖霊による聖化とキリスト教的な完全性
  • 六〇‐六二節 宗教的徳 ほか)
  • 第4部 公的な礼拝についての教え(七八‐八一節 祈りと祈りの共同体としての教会
  • 八二‐八三節 神の言葉とサクラメント ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神の国とキリスト者の生
著作者等 Ritschl, Albrecht
加藤 喜之
深井 智朗
リッチュル アルブレヒト
書名ヨミ カミ ノ クニ ト キリストシャ ノ セイ : キリストキョウ ニュウモン
書名別名 Unterricht in der christlichen Religion

キリスト教入門

Kami no kuni to kirisutosha no sei
出版元 春秋社
刊行年月 2017.11
ページ数 336p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-32375-5
NCID BB24931496
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22986426
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想