なぜメリル・ストリープはトランプに噛みつき、オリバー・ストーンは期待するのか

藤えりか 著

メリル・ストリープら人気俳優が次々と反トランプを表明する一方、オリバー・ストーン監督は、これまでハリウッドは政府べったりだったと批判し、トランプに期待を寄せる。自由・民主主義という理念の担い手として、またアメリカ覇権主義の喧伝者として、アメリカのひとつの象徴だったハリウッドが今、政権と敵対し、さらに人々からは「しょせん特権層」と反感を抱かれ、大きな岐路に立たされている-。話題の映画の背景と監督・俳優・プロデューサーらへのインタビューから、アメリカと世界が直面する問題の深層に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ハリウッドから見えるアメリカ(強さは文明を維持する唯一の手段ではない『沈黙‐サイレンス‐』
  • 弾圧されても書きに書きまくった気骨『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』
  • 「事実」を報じる痛みと責任『ニュースの真相』 ほか)
  • 第2部 人種・性・マネーのリアル(スカートをやめたディズニーヒロイン『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』
  • 映画を本物に思わせる魔法-世界的指揮者が語る映画音楽
  • 大ヒット作を支えたのはオランダの銀行家『ハリウッドがひれ伏した銀行マン』 ほか)
  • 第3部 スクリーンが映す激動の世界(交わらないふたつの世界『海は燃えている-イタリア最南端の小さな島』
  • 「優等生ドイツ」のもうひとつの顔『帰ってきたヒトラー』
  • 「トルコの敵」と酷評された告発の映画『裸足の季節』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜメリル・ストリープはトランプに噛みつき、オリバー・ストーンは期待するのか
著作者等 藤 えりか
書名ヨミ ナゼ メリル ストリープ ワ トランプ ニ カミツキ オリバー ストーン ワ キタイ スル ノカ : ハリウッド カラ アメリカ ガ ミエル
書名別名 ハリウッドからアメリカが見える
シリーズ名 幻冬舎新書 と-3-1
出版元 幻冬舎
刊行年月 2017.3
ページ数 276p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-344-98453-0
NCID BB23450663
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22882739
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想