試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。

尾形真理子 [著]

年下に片思いする文系女子、不倫に悩む美容マニア、元彼の披露宴スピーチを頼まれる広告代理店OL…。恋愛下手な彼女たちが訪れるのは、路地裏のセレクトショップ。不思議な魅力のオーナーと一緒に自分を変える運命の一着を探すうちに、誰もが強がりや諦めを捨て素直な気持ちと向き合っていく。繊細な大人たちの心模様を丁寧に綴った恋物語。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • あなたといたい、とひとりで平気、をいったりきたり。
  • 悪い女ほど、清楚な服がよく似合う。
  • 可愛くなりたいって思うのは、ひとりぼっちじゃないってこと。
  • ドレスコードは、花嫁未満の、わき役以上で。
  • 好きは、片思い。似合うは、両思い。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。
著作者等 尾形 真理子
書名ヨミ シチャクシツ デ オモイダシタラ ホンキ ノ コイ ダト オモウ
シリーズ名 幻冬舎文庫 お-40-1
出版元 幻冬舎
刊行年月 2014.2
ページ数 229p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-344-42150-9
NCID BB1636764X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22427352
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想