有頂天家族

森見登美彦 著

「面白きことは良きことなり!」が口癖の矢三郎は、狸の名門・下鴨家の三男。宿敵・夷川家が幅を利かせる京都の街を、一族の誇りをかけて、兄弟たちと駆け廻る。が、家族はみんなへなちょこで、ライバル狸は底意地悪く、矢三郎が慕う天狗は落ちぶれて人間の美女にうつつをぬかす。世紀の大騒動を、ふわふわの愛で包む、傑作・毛玉ファンタジー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 有頂天家族
著作者等 森見 登美彦
書名ヨミ ウチョウテン カゾク
書名別名 Uchoten kazoku
シリーズ名 幻冬舎文庫 も-12-1
出版元 幻冬舎
刊行年月 2010.8
ページ数 423p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-344-41526-3
NCID BB03537408
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21966715
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想