背の眼  上

道尾秀介 著

児童失踪事件が続く白峠村で、作家の道尾が聞いた霊の声。彼は恐怖に駆られ、霊現象探求所を営む真備のもとを訪れる。そこで目にしたのは、被写体の背中に人間の眼が写り込む、同村周辺で撮影された4枚の心霊写真だった。しかも、彼ら全員が撮影後数日以内に自殺したという。これは単なる偶然か?第5回ホラーサスペンス大賞特別賞受賞作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 背の眼
著作者等 道尾 秀介
書名ヨミ セ ノ メ
書名別名 Se no me
シリーズ名 幻冬舎文庫
巻冊次
出版元 幻冬舎
刊行年月 2007.10
ページ数 283p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-344-41036-7
NCID BA9045924X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21392230
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想