お金2.0

佐藤航陽 著

「資本主義」を革命的に書き換える「お金2.0」とは何か。2.0のサービスは、概念そのものを作り出そうとするものが多いので、既存の金融知識が豊富な人ほど理解に苦しみます。その典型がビットコインです。あまりにも既存社会の常識とは違うので「今の経済」のメインストリームにいる人たちにとっては懐疑や不安の対象になりやすいといった特徴もあります。そして、それこそが全く新しいパラダイムであることの証でもあります。本書ではまずお金や経済の仕組みから、テクノロジーの進化によって生まれた「新しい経済」のカタチ、最後に私たちの生活がいかに変わるか、の順番に解体していきます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 お金の正体(3つのベクトルが未来の方向性を決める
  • 急激に変わるお金と経済のあり方 ほか)
  • 第2章 テクノロジーが変えるお金のカタチ(テクノロジーの変化は点ではなく線で捉える
  • 今起きているのはあらゆる仕組みの「分散化」 ほか)
  • 第3章 価値主義とは何か?(限界を露呈し始めた資本主義
  • 資産経済の肥大化と金余り現象 ほか)
  • 第4章 「お金」から解放される生き方(人生の意義を持つことが「価値」になった世代
  • 若者よ、内面的な「価値」に着目せよ ほか)
  • 第5章 加速する人類の進化(お金にならなかったテクノロジーに膨大なお金が流れ込む
  • 電子国家の誕生:エストニア ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 お金2.0
著作者等 佐藤 航陽
書名ヨミ オカネ ニテンゼロ : アタラシイ ケイザイ ノ ルール ト イキカタ
書名別名 新しい経済のルールと生き方

Okane nitenzero
出版元 幻冬舎
刊行年月 2017.11
ページ数 263p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-344-03215-6
NCID BB25011223
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22986876
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想